ガラス工房 LUC

大阪で酸素バーナーによるガラス作品を製作しています。


特にガラスペン作りにチカラを入れ、シンプルなモノからファンタジー色の強いガラスペン等を作っています。
どこかのファンタジー物語の魔法が使えるような杖をモチーフにガラスペンとしてカタチにしています。

その他にも、ガラスペンダントなどのアクセサリー等も作っています。


代表 直川新也


作品紹介



ガラスペンとは

ガラスペンとは、万年筆のようにインクをつけて書くタイプのペンです。

 

1902年に佐々木定次郎という日本人によって考案されました。

 

 

 

[ガラスペンの特徴]

 

1) ペン先に溝があり、毛細管現象によりインクを吸い上げ、保持します。

 

一度インクをつけるとハガキ1枚分くらいは書くことができます。

 

2)水で洗い、水分を軽く拭くだけでお手入れは終了。

 

違う色のインクもすぐに使うことができます。

 

3) 万年筆とは違い、あらゆる方向にペンを走らせることができます。

 


独自の加工法で滑らかな書き味とインク保ち

ガラス工房LUCのガラスペンは見た目はもちろんですが、ペンとしての書き味にチカラを入れております。
独自のペン先処理の加工法を行い、滑らかに書けるように仕上げております。

一度インクをつけると300文字以上、連続で書き続けることができます。